宅建の勉強と通信の学校ガイド

宅建は通信講座の人気資格であること、受講期間や費用の目安、教育訓練給付制度が利用できることについて。

宅建の勉強と通信の学校ガイド

宅建の通信講座で国家資格を取ろう

宅建の通信講座についてです。通信講座のランキングの上位にいる「宅建」。その人気の理由は、就職や転職に強いことと、不動産業界でのニュースが高いことです。宅建事務所では、五人に一人以上が有資格者でないといけない、という法律が義務付けられているのです。宅建の通信講座が人気なのも納得です。宅建の通信講座の受講期間の目安は、六か月程度です。宅建は過去問題を徹底的にやりこむことが、合格への早道と考えられています。通常のテキストから問題集・CDなどもセットになっていて、働きながらでも資格が取得できるようなカリキュラムが組まれています。試験は一年に一回のみなので、受講スタートの時期も見極めたいですね。
また、通信講座での勉強でも「教育訓練給付制度」を受けることができます。通算で3三年以上、雇用保険に加入していた方が対象です。離職された方でも一年以内であれば、給付制度を利用することができるので、ぜひ申請してほしいです。利用方法は、通信講座の受講が終了したら、教材に添付されている修了証明依頼書を受講会社に送ります。受講会社は、あなたに必要書類一式を返送してくれるので、それを持ってハローワークに提出しましょう。無事に申請が通れば、給付金が口座に振り込まれますよ。宅建の通信講座にかかる費用は、六万円程度が目安です。通信講座では教材費以外の費用はかからないことがほとんど。国家資格が取れるなら、これぐらいの費用は安いんじゃないかなと思います。
注目情報

Copyright (C)2019宅建の勉強と通信の学校ガイド.All rights reserved.