宅建の勉強と通信の学校ガイド

就職先が不動産屋さんでした。仕事を覚えていくうちに資格を取ろうと思い通信で宅建の資格を取ることにしました。

宅建の勉強と通信の学校ガイド

通信教育で宅建合格への道

就職がなかなか決まらず落ち込んでいました。そんなある日やっと内定を頂いた会社が不動産の会社でした。全く未知の世界ですし、社会人経験もないので不安でいっぱいでした。いざ働き始めてみるとやはりわからないことも沢山。教えてもらいながら仕事をなんとか覚えていました。だんだん仕事にも慣れてきた頃先輩に、宅建の資格を取得することを進められました。もちろん給料も上がるし、これからこの仕事をしていくんだったら絶対に早めに勉強してとったほうがいい!と言われました。
でも、仕事をやっとこなせるようになったような感じで、もちろん仕事も遅く残業なんて毎日のこと。勉強する時間もないしどうしようか悩んでいました。それでも仕事に関係する資格だしじぶんには絶対プラスになると思ったので試験を受けるかどうかはまだ決めず、勉強だけ初めて見ることにしました。本屋さんにいって参考書をかいこみ、さあ、勉強するぞ!と思ったのですが、何をどう勉強していけば良いのか、難しくてやる気がだんだん薄れてきてしまいました。これはまずいと思い先輩に良い勉強法はないか聞いてみたところ先輩の体験談で通信教育のことをきけました。本屋さんで本を買って独学は安上がりで先輩自身も最初はその方法で勉強していたそうですが、やはりやる気が続かず、通信教育で勉強することにしたら、わかり易くやる気も続き、合格することができたとのことでした。さっそく自分も通信で勉強してみることに。たしかに独学よりは遥かにわかりやすく勉強方法も簡単なので決まった時間に毎日勉強し1回で合格することができました。
注目情報

Copyright (C)2019宅建の勉強と通信の学校ガイド.All rights reserved.